土砂災害に注意呼びかけ

湿った空気の影響で、山口県愛媛県大分県、それに広島県で局地的に1時間に100ミリ以上の猛烈な雨が降り気象庁は各地に「記録的短時間大雨情報」を発表しました。
大気の不安定な状態は西日本を中心に31日夜遅くにかけて続く見込みで、気象庁は、低い土地の浸水や急な川の増水、土砂災害に警戒するよう呼びかけています。
気象庁は、低い土地の浸水や急な川の増水、土砂災害に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」に十分注意するよう呼びかけています。

参考URL:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170731/k10011081741000.html